翻訳会社で働く人の英語力

最近では、欧米の諸言語に加えて、中国語や韓国語といったアジアの諸言語の翻訳需要も増えており、翻訳の対象となる言語も実に多様化してきているわけなので、翻訳会社では多様な言語の翻訳に対応できるよう、以前にも増して力を入れいるわけです。

しかし、扱う言語が多様化してきているとはいえ、国際的な標準言語として確立されているのはやはり英語ですから、どのような言語を扱うのであれ、この国際標準語を扱う能力は翻訳会社で働く人にとっては必須のもの、となっている点では何ら変わることはありません。

すなわち、多言語に対応して行く際にも、国際標準語となってい英語をベースとして、その上に他の言語への対応力を付加して行くといった形で、多言語化への対応力を養成している、といった場合が基本となっているわけなのです。

元々、翻訳会社で働いている人の中には、外国に留学していた人や、海外で仕事をしてきたという人が少なくありませんから、日本の国内でしか生活したことがない、仕事をしたことがないという人に比べて、日本語ではない世界で暮らしてきて、日常的に外国語に接してきたという経験を持っていることで、外国語への対応能力が培われている、という事情があるわけです。

このために、翻訳会社でフランス語やドイツ語などを担当していたり、その翻訳に携わっているという人であっても、英語は基本的に身に付けている、という場合が普通なので、それに対応できないということはまずない、と言っていいでしょう。

翻訳会社の求人に有利な資格BEST3

英語が好き、または興味があって翻訳会社で仕事をしてみたいという方にとって気になるのは、どのような資格があれば求人に有利なのかと言うことであると思われます。翻訳会社は、応募者の英語のスキルがどの程度であるかということを事前に知っておきたいはずです。それを証明できるものが資格であるといえるでしょう。その翻訳会社によって、採用の基準というものは違いますのが、有利な資格として考えられるのは、英検、TOEIC、通訳案内士といった資格があげられるでしょう。英検は3級、2級、準1級、1級という形で取得することが可能です。1級ともなれば、かなり難度の高い英語でも理解ができるということの証明となりえるでしょう。TOEICは点数によって、そのレベルというのが表示されるようになります。700点以上でれば、ある程度英語に関する理解はできると判断されるでしょうが、800点以上あればそれに越したことはないと思われます。通訳案内士というのは、国家資格として確立しているもので、プロの通訳士としても通用する資格でありますから、間違いなく有利に働くことでしょう。いずれにしましても、翻訳に関して重要なことは、英語の能力だけではなく、日本語がきちんと使えるということが大切でありますから、語学の勉強とともに正しい日本語を学ぶことが大きなポイントとなってくるはずです。せっかくのあなたの夢を実現するためにがんばって勉強されることが望ましいでしょう。

翻訳会社に就職したい!翻訳者に求められるスキルとは?

翻訳会社に就職を希望する場合には、いくつかのスキルが必要となります。まず、翻訳者として必要なスキルとしては、第一には語学力をあげることができます。そこには翻訳元言語の読解力はもちろんのこと、原文の意味を汲み取って的確、かつ分かりや易い日本語への表現力も必要となります。また、翻訳の場合には原文を忠実に訳した方がよい場合と、全体のニュアンスを汲み取って訳した方が良い場合があり、訳し方のに関してトレーニングを行っておく必要があります。次に翻訳会社で特定の分野で仕事を行う場合などには、その分野の知識も必要となってきます。知識だけ持ちあわせていても文章に表現できなければ文章作成能力が無いと判断されてしまいます。また、現在は多くの翻訳会社がパソコンを導入しており、インターネットや電子書籍の媒体も活用されているためパソコンに関するスキルも必要となります。インターネットを活用することで、精度の高い辞書や各種のツールを使うことができ、それは翻訳を行う上においては欠かせないものとなっています。また、効率の高い作業を行うためにもパソコンのスキルは必要となります。クライアント企業によっては、独自の翻訳キットの使用を義務付ける場合もあり、パソコンが使えない場合などには翻訳をする機会にも出会えなってしまいます。他にも、例えば文系に限らず理系の翻訳をする場合などには、理系の専門分野での知識も必要となる場合もあり、幅の広い対応が必要となります。翻訳は最終的には原文を誤解されないように行うことが大事なことであり、そこには自然な表現も求められますので、語彙力と表現力に対してのスキルも大事になってきます。